スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

2009年11月18日

食の原点?昆虫料理界についに昆虫寿司登場!!!

食の原点と言えばやはり古代は昆虫等を食していたはず・・・

そんな昆虫料理界に昆虫寿司が登場して海外で評判になっていた。

イギリスの新聞Telegraphの記事


不気味な写真ではないですが、ゲテモノ料理・昆虫等が嫌いな方はこれから先は絶対に見ないほうが・・・































本当に嫌いな方はこの場で離脱した方が良いです!





































どうしても見たい分けですね!
責任は取りませんよ!






































夢野久作の『ドグラ・マグラ』によれば、胎児は母胎で10ヶ月、生命進化38億年の夢をみるという。胎児は脊椎動物の1億年に及ぶ上陸史をわずか1週間で再現する、と三木成夫は『胎児の世界』で驚きとともに書いている。

上陸このかた3億年われわれは爬虫類から人類にいたるまで虫を食べ続けてきたとするならば、胎児は10ヶ月で3億年食べた虫の味を追体験するということにならないか。

普通に虫を食べられる人と、どうやっても食べられない人がいる。どういうことか。それはなにかのきっかけで分厚い大脳に隠された爬虫類脳が目覚め、食虫の記憶が蘇るかどうかにかかっているということか。動くものを無意識に捕らえようとする衝動、それは細胞1個1個が、DNA1本1本が記憶する懐かしい虫の味によるものだ。

採集(入手)・調理・試食と三倍楽しい昆虫料理をモットーに、様々な虫のユニークなレシピを紹介。食べ慣れたものが体に悪いはずはない。さあ楽しい虫食いのためのウォーミングアップをはじめよう。




こんな事をコンセプトに昆虫料理を作っておられる方です。

昆虫料理研究会 代表 内山昭一氏




これ以上見たかったら↓をクリックして下さい。
責任は取りません。
食事中は止めた方がいいかも・・・?


   このたびは当ブログにご訪問頂き
誠にありがとうございます。m(__)m

この記事はこれからがグッと面白くなる・・・?はずです。
こちらを是非ともクリックして続きを読んで下さいね!



Posted by サルヴァトーレ at 13:00Comments(0)海外記事・生き物

2009年10月22日

ワニがいる水槽に沈められる恐怖のアトラクション

ワニと間近でふれあうという経験をしたことがある人は少ないと思いますが、アクリル板でできたカプセルの中に入った状態でワニが泳いでいる水槽に沈められるという、非常にスリリングなアトラクションがオーストラリアにあるCrocosaurus Coveと言うテーマパークです。




動物園や水族館などではなかなか味わえない経験が出来る、Crocosaurus Coveにある噂のアトラクションは世界最大のワニであるイリエワニがいる水槽に厚さ約14.5cmのアクリル板と金網でできたカプセルに閉じ込められた状態で沈められる「The Cage of Death」というスリリングな名物アトラクションとなっており、勇気あるチャレンジャーが多数挑戦にくるとのこと。



「The Cage of Death」は1回83ドル(約7500円)で約20分潜ることができます。酸素ボンベは用意されておらず、息継ぎをしながらの体験のため、かなり体力もいるそうです。
83ドルって言うのも中途半端な値段だし、高いような感じもしますね・・・



行きたい猛者はこちらが住所です。
Crocosaurus Cove, Corner of Mitchell & Peel Streets, Darwin, Northern Territory, Australia | Telephone: +61 8 8981 7522 | Facsimile: +61 8 8941 5522 | Email:info@croccove.com




このテーマパークはワニだけではなく、蛇や亀等色々な変わった生き物が沢山いるみたいです。
Crocosaurus Coveの公式サイトをご覧下さい。
















   このたびは当ブログにご訪問頂き
誠にありがとうございます。m(__)m

この記事はこれからがグッと面白くなる・・・?はずです。
こちらを是非ともクリックして続きを読んで下さいね!



Posted by サルヴァトーレ at 13:00Comments(0)海外記事・生き物

2009年09月15日

恐怖!自然界のパワーを感じる・・・水中を泳ぐ虎の怖さは異常

猫を含めて、ネコ科の動物はたいてい泳ぐのが苦手。

しかしながらアジア南部などの温暖な地域に住む虎は、体を冷やすため水浴びや潜って泳ぐのが得意だそうです。

しかしそこはネコ科の動物、本来水中に適した体の構造ではないためか、少しばかり無理が必要なのです。

カリフォルニア、サンフランシスコのSix Flags Discovery Kingdom 動物園にいるホワイトタイガーの水中での戦慄の姿をご覧ください。



↑のホワイトタイガーが・・・


たぶん子供に刺激があり過ぎかも・・・?


   このたびは当ブログにご訪問頂き
誠にありがとうございます。m(__)m

この記事はこれからがグッと面白くなる・・・?はずです。
こちらを是非ともクリックして続きを読んで下さいね!


Posted by サルヴァトーレ at 13:00Comments(0)海外記事・生き物

2009年04月13日

「世界一危険な動物園」


日本最北の動物園、旭山動物園は動物の「自然な姿」が見られるとして空前の動物園ブームを巻き起こし、世界レベルでも上位の入場者数を記録していますが、同じ「世界レベル」でも、今回ご紹介するのはアルゼンチンにある「世界一危険な動物園」を紹介しましょう!!!




   このたびは当ブログにご訪問頂き
誠にありがとうございます。m(__)m

この記事はこれからがグッと面白くなる・・・?はずです。
こちらを是非ともクリックして続きを読んで下さいね!


Posted by サルヴァトーレ at 13:00Comments(0)海外記事・生き物

2009年03月29日

カメレオンは七変化!!!

カメレオンが保護色に変化する様子をサングラスを使って表現している動画がありました。



まるで忍者です。

見ていたら飼いたくなったけど・・・
安易な思いで生き物を飼うのは・・・
観て楽しみましょう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


   このたびは当ブログにご訪問頂き
誠にありがとうございます。m(__)m

この記事はこれからがグッと面白くなる・・・?はずです。
こちらを是非ともクリックして続きを読んで下さいね!


Posted by サルヴァトーレ at 13:00Comments(0)海外記事・生き物

2009年03月22日

亀が亀頭をあれに突っ込んだ!

いやー亀も亀頭を色々な物に挿入しようと試みるんですね!





これは、涙もんです!
ティッシュ3枚位用意したほうが・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



   このたびは当ブログにご訪問頂き
誠にありがとうございます。m(__)m

この記事はこれからがグッと面白くなる・・・?はずです。
こちらを是非ともクリックして続きを読んで下さいね!


Posted by サルヴァトーレ at 13:00Comments(0)海外記事・生き物

2009年03月17日

もの凄ーくでっかーいワニ(人食いワニ)



ワニがこんなにでかいとまるで恐竜!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   このたびは当ブログにご訪問頂き
誠にありがとうございます。m(__)m

この記事はこれからがグッと面白くなる・・・?はずです。
こちらを是非ともクリックして続きを読んで下さいね!


Posted by サルヴァトーレ at 13:00Comments(0)海外記事・生き物

2009年01月18日

キリンが横になって寝る姿・・・?

首の長いキリンはどんな感じで横になって寝ているか知っていますか?

野生の馬やキリンは、のんきに寝っころがっていては肉食動物の餌食となってしまい、基本的に立ったまま寝ますがそんな器用なキリンも、少しは横になって眠るらしいです。




これが例の寝姿?
実は違うんですよ!







どんな感じで横になって寝ているんでしょうか・・・?
ではご覧下さい。
   このたびは当ブログにご訪問頂き
誠にありがとうございます。m(__)m

この記事はこれからがグッと面白くなる・・・?はずです。
こちらを是非ともクリックして続きを読んで下さいね!


Posted by サルヴァトーレ at 13:00Comments(0)海外記事・生き物

2009年01月05日

竜宮の使い

正月なのでありがたい生物?を紹介します。

その名も「リュウグウノツカイ・竜宮の使い・Oarfish

大人10人で持ってこの大きさ!!!


背びれは長く、頭のすぐ後ろから始まって尾びれまで繋がっているが、前端の6つの軟条は糸のように長く発達する。2つの腹びれも糸のように長く発達し、先端が木の葉のようになっている。尾びれも糸状で、尻びれはない。体色は全身が銀白色で、灰色の薄いまだら模様が上下と互い違いに並んでいる。各ひれは赤い。まさに和名「龍宮の使い」にふさわしい外見をしている。深海魚

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   このたびは当ブログにご訪問頂き
誠にありがとうございます。m(__)m

この記事はこれからがグッと面白くなる・・・?はずです。
こちらを是非ともクリックして続きを読んで下さいね!


Posted by サルヴァトーレ at 13:00Comments(0)海外記事・生き物

2008年12月27日

賢いネズミ


Posted by サルヴァトーレ at 13:00Comments(0)海外記事・生き物