スポンサーサイト

  

Posted by スポンサー広告 at

2009年09月28日

インドとパキスタンの国旗降納式は今日も『熱い応援合戦』

過去数回に渡り、印パ戦争を繰り返してきているインドとパキスタンが常に緊張状態にあるのは皆さんご存知のことかと思いますが、両国の国境に面したワガ-アターリー(Wagah- Attari)では、毎日、クロージングセレモニー(国旗降納式)が行われています。
頭にトサカをつけた衣装に身をまとった両国の兵士たちにより展開されている模様です。



 ラッパの合図と共に、大きく足を蹴り上げ、大地を踏みしめ、威嚇しながらにらみ合って両国の国旗を交差させるこのセレモニーは、毎日の業務でありながら両国側のたくさんの人々に見守られ、今日もまた展開されていくわけなのです。核保有国同士、お互いの尊厳をかけて・・・




   このたびは当ブログにご訪問頂き
誠にありがとうございます。m(__)m

この記事はこれからがグッと面白くなる・・・?はずです。
こちらを是非ともクリックして続きを読んで下さいね!


Posted by サルヴァトーレ at 13:00Comments(0)海外記事 各国のお国事情

2009年09月27日

色々な拳銃グッズがあるんだなー。

拳銃(ピストル)ってライフスタイルの一部に日本はなっていないので、これだけグッズがないのでほしいのも数点・・・





マグカップの持ち手が引き金に・・・


   このたびは当ブログにご訪問頂き
誠にありがとうございます。m(__)m

この記事はこれからがグッと面白くなる・・・?はずです。
こちらを是非ともクリックして続きを読んで下さいね!


Posted by サルヴァトーレ at 13:00Comments(0)海外記事・グッズ

2009年09月26日

Cool Hand Luke(ポール・ニューマン)1周忌

ポール・ニューマン/Paul Newman2008年9月26日亡くなって今日で1年


亡くなったと聞いた時は、ショックでした。
STRANGER THAN PARADISE もスタートしておらず追悼記事も書けなかったので、1周忌の今日記事にしました。




世界中で愛されている俳優の一人。
なんといってもポール・ニューマンの魅力は赤ちゃんみたいな笑顔
どの映画を観ても彼の最高の笑顔で観客を魅了してきた。



そんなポールニューマンの代表作と言えば・・・
日本ではスティング・ハスラー・明日に向かって撃て・・・ですが
本国アメリカでは・・・


Cool Hand Luke・クール・ハンド・ルーク/暴力脱獄なんです。




Cool Hand Luke予告編





   このたびは当ブログにご訪問頂き
誠にありがとうございます。m(__)m

この記事はこれからがグッと面白くなる・・・?はずです。
こちらを是非ともクリックして続きを読んで下さいね!


Posted by サルヴァトーレ at 13:00Comments(0)男優

2009年09月25日

インドの列車に乗るには命がけらしい・・・

なんとなくインドのお話と聞くとウキウキしませんか?

インドカレー屋さんの前を通る時にタンドリーでナンやタンドリーチキンを作っているインド人?がニコニコして手を振ってくれたりして、愛嬌振りまいてくれるので、毎回楽しい気分になり、インドと聞くとなんとなくウキウキしてしまうんです。



ウキウキするインドの列車事情はチョッとウキウキなんて言ってられないような状況なんです。



以前記事にした東京のラッシュアワーは海外でも有名ですが・・・
流石インドは違った。




   このたびは当ブログにご訪問頂き
誠にありがとうございます。m(__)m

この記事はこれからがグッと面白くなる・・・?はずです。
こちらを是非ともクリックして続きを読んで下さいね!


Posted by サルヴァトーレ at 13:00Comments(0)海外記事 各国のお国事情

2009年09月24日

ダンスと映像の融合で新次元の幕開けか?渋いよ!

ORIENTARHYTHMの革命的な事件と言っても過言ではない。




ダンサーの動きと投影された映像がシンクロし、日本古来と現在を跳躍。「あっ、こんな表現があったのか!」と感動させたれる先端性、それでいて誰にでも楽しめるエンターテイメント。全く非の打ち所がない。



サカクラカツミ(ORIENTARHYTHM) のダンスパフォーマンスとNobuyuki Hanabusa の映像によるコラボレーション。ここから新しい作品が次々に生まれる予感がたっぷりだ。


   このたびは当ブログにご訪問頂き
誠にありがとうございます。m(__)m

この記事はこれからがグッと面白くなる・・・?はずです。
こちらを是非ともクリックして続きを読んで下さいね!


Posted by サルヴァトーレ at 13:00Comments(0)海外記事・音楽

2009年09月23日

指だけを使ってサンド・アート!これは必見、感動しますよ。

指だけを使ってガラス板の上で砂のアートを奏でていくこの砂の芸術は、サンド・アーティストのイラーナ・ヤハブ/Ilana Yahaveさんによるもの。

流れるような音楽と共に場面が刻々と変化していく情景に、時間を忘れて夢中になってしまいますね。

彼女の描き出すファンタジーは不思議な力があります。



部屋を静かにして見て下さい。
感動しますよ!!!



   このたびは当ブログにご訪問頂き
誠にありがとうございます。m(__)m

この記事はこれからがグッと面白くなる・・・?はずです。
こちらを是非ともクリックして続きを読んで下さいね!


Posted by サルヴァトーレ at 13:00Comments(0)海外記事・芸術

2009年09月22日

アップルストアで我が物顔でPV作成の口パクノリノリ少年

お店に並んでるパソコンを、どこまで勝手に使っちゃったことありますか?
 
ちょっとURLを入力して、外出中も気になるホームページを見ちゃったり、Webメールで新着メールをチェックしたりくらいはありますかね? 

じゃぁ、もっと踏み込みまして、店先でブログ更新しちゃったり、仕事のプレゼン資料なんてそろえちゃったりできます? いや、まだまだそれくらいなら甘いな。この少年を見よ!

ニューヨークの5番街にあるアップルストアでなんと自分のPV(プロモーションビデオ)を撮影し、
しかも、youtubeでアップしているスゲー少年です。




少年の名前は「ニコライ・nicholi」ハーレム在住の男の子(13歳らしい・・・)で、夏休みに入ってから
NYCのアップルストアに毎週火曜日と金曜日通いづめて、店内のmacでrap曲を
アップルご自慢の最新機材なんかを拝借しちゃいまして、もうノ~リノリに踊って歌う
(口パクですが・・・)youtubeビデオを撮影&UPしてて
Apple Store Kid
の愛称で話題になってるらしい。(笑)







今ではテレビのnewsにまで登場するぐらい人気者になってるみたい。







   このたびは当ブログにご訪問頂き
誠にありがとうございます。m(__)m

この記事はこれからがグッと面白くなる・・・?はずです。
こちらを是非ともクリックして続きを読んで下さいね!


Posted by サルヴァトーレ at 13:00Comments(0)海外記事・音楽

2009年09月21日

世界で最も参加者が汚れる祭りトマティーナ(トマトの投げ合い)



今日は熊本でも勇壮な祭り(藤崎八旛宮秋季例大祭)が行われているので祭り繋がりという事で世界で最も参加者が汚れる祭りを紹介します。




1944年、トマト価格の大暴落に憤慨した農民たちが、政治家にトマトを投げつけたのが祭りへ発展した。



最も汚れる祭りと言われる、スペインのブニョールで8月の最終水曜日に開催される
トマティーナ(La Tomatina)(トマト祭り)が今年も行われました。



毎年約4万人が集まり、使用されるトマトは115トン。



町全体がトマトだらけで、赤い色のせいかちょっとグロく見えます。








ただ単に投げていい訳でなくきちんとしたルールがあって

* トマトを投げる際は安全のために多少潰してから投げる
* ガラス瓶のような危険なものを持ち込まない
* 他人(特に女性)の衣服を破らない
* トマティーナの時間外には絶対にトマトを投げない

トマティーナ(トマトの投げ合い)のスタートは号砲が合図。

もちろん終了も決められており、最初の号砲から1時間後。

1時間で1年間の鬱憤を思う存分皆吐き出すのでしょ!!!





   このたびは当ブログにご訪問頂き
誠にありがとうございます。m(__)m

この記事はこれからがグッと面白くなる・・・?はずです。
こちらを是非ともクリックして続きを読んで下さいね!


Posted by サルヴァトーレ at 13:00Comments(0)お祭り

2009年09月20日

TOTOのAfricaを指パッチンとコーラスで見事に奏でた

1982年に発表され全米4位を記録したTOTOの4枚目の大ヒット・アルバム「聖なる剣」(TOTO IV)に収録され、1982年全米1位のヒット曲『Africa』を、スロベニアのコーラスグループPerpetuum Jazzileがライブでカバー。




曲中に「I bless the rains down in africa(アフリカに降る雨を讃えよう)」という歌詞が何度も登場することからか、冒頭と終盤部分で体を使って雨音を表現しています。


素晴らしいですよ。


   このたびは当ブログにご訪問頂き
誠にありがとうございます。m(__)m

この記事はこれからがグッと面白くなる・・・?はずです。
こちらを是非ともクリックして続きを読んで下さいね!


Posted by サルヴァトーレ at 13:00Comments(0)海外記事・音楽

2009年09月19日